« 北陸本線トンネル駅「筒石駅」 | トップページ | 日本三大奇祭・西大寺会陽 出場体験記 »

2010/02/04

松葉ガニを食う!「かにカニエクスプレスはまかぜ号」の旅

P1160554

「写真:181系かにカニエクスプレスはまかぜ号」

Kippu0012_2昨年に続き、2年連続でJRの「駅長おすすめ駅プラン」で行く「かにカニエクスプレスはまかぜ号」の旅をお送りします。出発は平成22年1月16日岡山駅から山陽新幹線で姫路駅へ。そこから在来線の播但線を走行する臨時特急「かにカニエクスプレスはまかぜ号」に乗車し、城崎温泉駅の次の駅「竹野駅」を目指します。この播但線を走行する臨時特急「かにカニエクスプレスはまかぜ号」気動車特急181系を使用していて話題になっていますが、23年の春に新型車両が導入されることが発表され、この181系気動車も廃車までのカウントダウンが始まってしましました。来年の春までは、定期特急「はまかぜ」と同様に181系気動車の現役を拝めそうです。

播但線は定期特急列車で「はまかぜ」号が日に3往復していますが、播但線経由で昼前に到着する特急の設定がないために、この蟹の時期だけに臨時特急「かにカニエクスプレスはまかぜ号」が設定され昼前に城崎や竹野、香住に到着できるようになっています。列車で山陰へ蟹を食べに行くのであれば、写真にもあるJRの「駅長おすすめ駅プラン」がかなり安い設定になっているのでお薦めです!

P1160496

P1160512_2大阪方面から真新しい姫路駅ホームに重量感のある181系気動車6両編成が入線してきました。乗車率は80%前後、なかなかの乗車率です。ほとんどが山陰へ蟹を食べに行く団体や個人旅行者です。特急は播但線を新快速の半分くらいのスピードで走行します。寺前駅から非電化区間に入りました。車窓は山深くなり円山川の横を走行します。寒波到来で周りは雪景色になりました。和田山駅から山陰本線に入り、城崎温泉駅で半分のお客さんを降ろし、11:23竹野駅に到着しました。

P1160524

P1160527_2駅前は除雪が間に合っておらず積雪が20cmほどあるでしょうか。民宿のバスが迎えに来ています。バスに揺られて10分程度、「民宿よどや」に到着!待ちに待った松葉ガニ料理を堪能します。NAO君は蟹の刺身が大好きで、トロンとしたカニ身に蟹味噌を付けて食します。そのあと焼ガニ、カニ鍋と続き、最後は蟹雑炊で締めます。年に一度くらいはこんな贅沢もいいですね!また1年仕事頑張ろうって気になりますよ!帰る前に民宿宿の竹野温泉に入ります。海の近くなので潮の香りがする温泉です。肌がサラサラになりました。送迎のバスが出発する前に切浜海水浴場まで散歩しました。

P1160544

「写真:竹野温泉」

P1160546

「写真:宿から歩いて2分のところにある切浜海水浴場」

竹野には3時間ほどの滞在でしたが、充実した1日を送ることができました。帰りの列車は幸せいっぱい爆睡モードに入ったのは言うまでもありません。また来年も来るぞ!明日からまた仕事だ!

|

« 北陸本線トンネル駅「筒石駅」 | トップページ | 日本三大奇祭・西大寺会陽 出場体験記 »

鉄道旅行」カテゴリの記事

コメント

臨時特急「かにカニエクスプレスはまかぜ号」乗ってみたいですねぇ。
もちろんカニも温泉も。
こりゃいうことないですね(^o^)。
気動車特急181系、まだまだ活躍してほしいですが、機会を見つけて、なんとか今のうちに写真に収めたく思っています。

投稿: でこぽん | 2010/02/05 21:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89989/47380808

この記事へのトラックバック一覧です: 松葉ガニを食う!「かにカニエクスプレスはまかぜ号」の旅:

« 北陸本線トンネル駅「筒石駅」 | トップページ | 日本三大奇祭・西大寺会陽 出場体験記 »